recipe
フィリップ・バットン氏1963年生まれ。フランス、パリ出身。その芸術性に富んだ創作フレンチが話題を呼び、数々のテレビ番組に出演。1998年代官山にル・プティ・ブドンをオープン。
			シャンパーニュメルヴェイユ グリーンアスパラガスと海老、イタリアンパセリのヴルーテ 
			材料 海老(特大) 6尾/ グリーンアスパラガス 1キロ/ イタリアンパセリ 1株/ エシャロット 2ピース/ 水 1リットル/ 鶏ブイヨン 2キューブ/ オリーブオイル 大匙4/ 白ワイン 100ml/ 生クリーム 100ml/ 塩胡椒 少々
			作り方 海老の殻をむき、殻をオリーブオイルで軽く炒める。白ワインを入れ、水分が3分の2に減るまで加熱を続ける。水を注いでブイヨンキューブを加える。塩胡椒をして20分弱火で加熱。目の細かいザルで3を濾し、海老のエキスを絞り出す。グリーンアスパラガスの皮をむく。エシャロットの外皮をむき、みじん切りにする。エシャロットにオリーブオイルをまぶし、切ったアスパラガスを加える。アスパラガスの穂先は、仕上げ用にとっておく。先ほどの海老のブイヨンを加え、20分ゆっくり加熱。後半でパセリを加える。加熱が終わったら、これをミキサーにかける。海老の中身とアスパラガスの穂先を、少量のオリーブオイルで炒める。塩胡椒を少々。スープ皿に8を注ぎ、温めた生クリームをかけ、9の海老とアスパラガスを飾る。仕上げにイタリアンパセリを添えて、完成。
			メルヴェイユ 筍と豚のフリカッセ
			材料 豚肉 1.2キロ / エシャロット 6ピース / 筍 3ピース /白ワイン 100ml / 水 750ml / タイム 1本 / ニンニク 1個 / ナツメグ 少々 / ピーナツ油 50ml / 塩胡椒 少々/
			作り方 豚肉を切り、ピーナツ油で炒める。タケノコを短冊切りにするエシャロットを薄切りにし、鍋で軽く炒める。豚肉、タケノコを鍋に入れ、白ワイン、水、タイム、ニンニクを合わせる。塩胡椒、ナツメグを少々加えて、鍋で1時間30分ゆっくり加熱する。素材が馴染んできたら、完成。 バットン氏、ル・プティ・ブドンについてはこちらから
グリーンアスパラガスと海老、イタリアンパセリのヴルーテ 筍と豚のフリカッセ 料理の写真 バットン氏、ル・プティ・ブドンについてはこちらから レシピ1へ レシピ2へ フィリップ・バットン氏 その芸術性に富んだ創作フレンチが話題を呼び、数々のテレビ番組に出演。1998年代官山にル・プティ・ブドンをオープン。
シャンパーニュメルヴェイユ グリーンアスパラガスと海老、イタリアンパセリのヴルーテ 
			材料 海老(特大) 6尾/ グリーンアスパラガス 1キロ/ イタリアンパセリ 1株/ エシャロット 2ピース/ 水 1リットル/ 鶏ブイヨン 2キューブ/ オリーブオイル 大匙4/ 白ワイン 100ml/ 生クリーム 100ml/ 塩胡椒 少々
			作り方 海老の殻をむき、殻をオリーブオイルで軽く炒める。白ワインを入れ、水分が3分の2に減るまで加熱を続ける。水を注いでブイヨンキューブを加える。塩胡椒をして20分弱火で加熱。目の細かいザルで3を濾し、海老のエキスを絞り出す。グリーンアスパラガスの皮をむく。エシャロットの外皮をむき、みじん切りにする。エシャロットにオリーブオイルをまぶし、切ったアスパラガスを加える。アスパラガスの穂先は、仕上げ用にとっておく。先ほどの海老のブイヨンを加え、20分ゆっくり加熱。後半でパセリを加える。加熱が終わったら、これをミキサーにかける。海老の中身とアスパラガスの穂先を、少量のオリーブオイルで炒める。塩胡椒を少々。スープ皿に8を注ぎ、温めた生クリームをかけ、9の海老とアスパラガスを飾る。仕上げにイタリアンパセリを添えて、完成。
ページの先頭へ
メルヴェイユ 筍と豚のフリカッセ
			材料 豚肉 1.2キロ / エシャロット 6ピース / 筍 3ピース /白ワイン 100ml / 水 750ml / タイム 1本 / ニンニク 1個 / ナツメグ 少々 / ピーナツ油 50ml / 塩胡椒 少々/
			作り方 豚肉を切り、ピーナツ油で炒める。タケノコを短冊切りにするエシャロットを薄切りにし、鍋で軽く炒める。豚肉、タケノコを鍋に入れ、白ワイン、水、タイム、ニンニクを合わせる。塩胡椒、ナツメグを少々加えて、鍋で1時間30分ゆっくり加熱する。素材が馴染んできたら、完成。
ページの先頭へ